2015年アカハラダカ調査結果

今年で3年目となりました。岳ノ辻からの定点調査。
前半から対馬での観察数の多さに期待しながら、中央展望台で待っていましたが、期待とは裏腹に東からの風が強く、コンディションがいまいちあがらない日々が続きました。
中ごろになっても東からの風はいっこうに収まらず、朝の観察も前日渡ってきて、ふもとの林の中で一泊した個体の観察がほとんどだったように思えます。
最後の最後で、今までの観察記録の中で最大となる1000羽を超えての観察が出来ました。
残念ながらこれを観察できたのは1名の会員のでみでした。
来年は、きっと大きな渡りが観察できるでしょう。

0コメント

  • 1000 / 1000