2019年長崎県下一斉オシドリ調査in壱岐

毎年新年の恒例行事になってきた、県下一斉オシドリ調査、今回も参加しました。

当日、気温は低いもののおだやかな天気で調査を開始しました。

永田ダムからのスタートは永村、長嶋。

梅ノ木ダムからのスタートは大川、伊佐藤、篠崎でした。

例年梅ノ木ダムは、地元の除草作業と重ねって観察しづらかったのですが、今回は作業は行われず、十分な観察数が確保できました。

永田ダムは、通常20羽前後が観察されるのですが、当日は林の中に入ってしまっていたのか観察数は予想を下回るものでした。

各ポイントの結果は下の表を参照下さい。

壱岐は小さなため池が多いので、そこにもオシドリが相当数生息していると思われます。

できれば4グループ構成で、島内全域をカバーしたいものです。

興味のある方参加してみてはいかがでしょうか。

野外で飲むコーヒーは格別で美味しいですよ。

毎回、長嶋さんが準備して入れてくださいます。

ありがとうございます。

寒い時期の調査には大変助かります。


0コメント

  • 1000 / 1000