第5回イキハク野鳥観察会

5月15日、一支国博物館にて第5回イキハク野鳥観察会が行われました。

今回は、博物館から原の辻王都復元公園までの間で観察しました。

春の渡りのシーズンには少し過ぎていたので、あまり多くの種類は期待できませんでした。

それでも、双眼鏡やフィールドスコープを通して見る、ヒバリやアオサギはとても新鮮でした。注意してみると身近な所にたくさんの生き物がいることを知ってもらえて大変満足でした。参加者の皆様、本当にありがとうございました。

↑目標を決めて、双眼鏡の練習(^.^)

↑ちょっと長い道のりも元気に歩いて行きました。

0コメント

  • 1000 / 1000